終活セミナーに行ってきました!

こんにちは

先日、終活セミナーに参加させていただきました。それまで私は、終活とは高齢の方が必要とするテーマなのだと思っていました。しかし、セミナー後は、いくつであろうとも、今から~のテーマなのだと実感しました。

講師の話によりますと、男性の寿命と男性の健康寿命(健康で生活できることのできる寿命)は、約10年の差があり、女性では約12年の差があるそうです。病気などで、自分ひとりでは身の周りのことなどができなくなった後も、家族や周りの方の協力を得て、生活していくのですね。

セミナーはお墓の話、お葬式の話、相続の話、介護保険の話、延命治療の話など、残された家族が困らない、そしてなにより、自分自身が振り返った時に、後悔のない人生だったと思えるように、今からでも準備をしておきましょう(エンディングノート)というような内容でした。

61dW2yGvaNL__SX351_BO1,204,203,200_

私は後日、健康寿命後の生活を考えてみました。

年齢が高くなるのにつれて、体も動きつらくなるし、整理や収納ともなるとなかなか気が進まないと思います。

しかし、この期間こそ自分だけでなく、世話をしてくれる家族も整頓された室内で、快適かつ安全に過ごすことができるように、終活のひとつとして『整理・収納』をされてはいかがでしょうか。

空き家も同じです。自分が住まない状況になった時には、どうするのか?そのままになってしまうのか、空き家管理を依頼するのか?終活のひとつとして、考えてみてはいかがでしょうか。